高校入試対応設置コース

進学舎の中学生は3月から新年度がスタート。

進学舎では、都立高校入試制度の大改革、

学区の完全撤廃
内申より学力の一層の重視
進学指導重点校の指定
トップ校での入試問題の自校作成
中高一貫校の新設

などに対応すべく、コース設置を行っています。

すなわち、
1年生『勉強の姿勢、勉強のスタイルを作る』
2年生『志望校を視野に入れる』
3年生『受験生としての心構えを作る』
とし、高校入試を中学生活の終着駅と設定し、改革が進む都立高校対策、年々難しくなっている私立高校受験対策を行っている。

進学舎の高校入試対応の主な設置コースは以下の通り。

◆中1・中2 選抜マスターコース 
◆中3 選抜5科
進学舎このコースは、「国立大附属や開成・桐朋、更には早慶系列校向け」のコース。英数国の3教科の勉強を核として進め、志望校によっては、理社の「選択講座」を受講します。

◆中3 特訓マスターコース
特訓コースは、進学舎の自慢のコース。私立難関校、私立上位校、大学付属校、都立・県立トップ校、都立の入試問題の自校作成校のいずれにも対応できるコース。

◆中1・中2・中3 プライムコース
進学舎のプライムコースは、一日で英国数の3教科の学習するスタイルを週に2回通塾します。繰り返し学習するためにこのスタイルを採用し、効率よく勉強できるのがプライムコース。週2回通塾。また、志望校に合わせて、小論文対策や計算力の養成、基本レベルと発展レベルの2つの英数ゼミ、理社の「選択講座」との組み合わせも可能です。

◆中1・中2・中3 受験科コース
進学舎の受験科コースは、都立・県立トップ校から中堅校、私立上位校から中堅校向けのコース。学力別クラス編成で、週3日の通塾。

◆中1・中2・中3 土曜科コース
進学舎の土曜科コースは、中1・中2の学年では、受験科・プライムコースと同様の内容を1日(英数国の3教科)で勉強します。受験科・プライムコースよりも授業時間的にはやや短くなりますが、週1日コースで効率よく勉強をしていきます。

中3では、理科・社会の学習を1日追加して、週2日の通塾スタイルで都立・県立高校入試に必要な内容を勉強します。
posted by リサ at 11:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学習システム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4335475
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。