進学舎の中学部コースの概要

進学舎では、高校入試は大きく変わってきたと認識し、その高校入試の変遷に合わせたコース設定を行っています。

進学舎の中学部コースは、
選抜マスターコース(中1・中2)
選抜5科(中3)
特訓マスターコース(中3)
プライムコース(中1・中2・中3)
受験科コース(中1・中2・中3)
土曜科コース(中1・中2・中3)

特に、都立高校入試制度は、学区の完全撤廃、内申より学力の重視、進学指導重点校の指定などなど数え上げればきりがありません。

こうした変化に対して、進学舎では、7〜10日間のテスト対策や自校作成対策講座などを設置しています。

3年間の中での各学年の指導の重点は、
1年生では、『勉強の姿勢、勉強のスタイルを作る』
2年生では、『志望校を視野に入れる』
3年生では、『受験生としての心構えを作る』
と設定し、これに各コースの指導を組み合わせて、変遷の著しい高校入試を乗り切るのが進学舎流。


自分の志望に合う適切な『学習コース』と、実力養成の選択講座での勉強を重視します。

進学舎のコース概要

進学舎選抜マスターコース(中1・中2) 選抜5科(中3)
対象校:国立大附属、開成、桐朋、早慶系列校などの難関校

英数国の3教科を中心に進め、必要に応じて理社の選択講座を加えて、5教科受験の国立大附属・開成のためのハイレベルな学習も行います。1日で復習教科を学習し、通塾は週3日のコース設置も可能となっています。

進学舎特訓マスターコース(中3)
対象校:早稲田系・慶應系などの私立難関校、中大系・桐蔭などの私立上位校から大学付属校と、都立・県立トップ校、都立の入試問題の自校作成校

オリジナル教材の活用によって合格力を着実に身につけさせ、入試に必要な全てを「丸抱え」で指導。1日で複数の教科を学習する授業設定も可能となっています。

進学舎プライムコース(中1・中2・中3)
1日で英国数の3教科の学習、同じ教科を週2回勉強、通塾は週2日のコース。同一教科を週2回勉強することで学習意識の向上と学力の一層の定着を図ります。また、小論文対策や計算力の養成も行います。

進学舎受験科コース(中1・中2・中3)
対象校:都立・県立トップ校から中堅校、私立上位校から中堅校

週3日のコースで、部活や学校生活との両立を目指します。


進学舎土曜科コース(中1・中2・中3)
平日に通塾できない生徒のための週1日コース。中1・中2の非受験学年では、受験科・プライムコースと同様の内容を1日(英数国の3教科)で勉強します。
posted by リサ at 13:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学習システム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6532032
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。